入門

株式デイトレードにおける銘柄選びのポイント6点をご紹介【初心者向け】

こんにちは!
とびまるtobimarustationです
兼業デイトレーダーとして約2年
少ない収益ですが毎日コツコツ積み重ね
100万円を突破しました

株式取引の銘柄を選ぶのって大変ですよね?

国内最大規模の「東証」には約4000の会社が上場しています。

<このような悩みはありませんか?>

・これから投資を始めようと考えているけれど、
何を買っていいか分からない

・色々な情報を調べているうちに
何を優先していいか分からなくなった

・時間のない兼業トレーダーなので
じっくり考えている時間がない

・なんとなくで株を買ったら
その後下がり続けてしまい含み損

2日目2日目

本記事は投資初心者でも簡単に分かる
銘柄選びのポイント」をご紹介します!

ぜひ最後までお付き合いください。

※この記事は特定の取引を推奨するものではございません。
取引に当たってはご自身のご判断でお願いします。

銘柄選びのポイント【優先度ランキング】

①雑誌やサイトのオススメから選ぶ 

雑誌

初心者の一番のオススメは「雑誌」です。

その中でも分かりやすいのは雑誌は
ダイヤモンドZAi(ザイ)」です。

これは毎月21日に発売されています。
私も最初は定期購読をしていました。

月によってテーマが変わり
オススメの銘柄を分かりやすく説明してくれています。

初心者はここからスタートが一番だと思います!

株に関するサイト

短期投資では最新の情報が必要となります。

時間がないときにもスマホで簡単に確認できます。

有名なサイトでは

Yahooファイナンス
株マップ.com
かぶたん
みんかぶ

の4つが有名です。

どれも情報量が豊富で見やすく初心者向けです。

あまり色々なサイトを見ると情報に振り回され
迷ってしまうので、どれか1つか2つに絞ることを
オススメします。

②割安株を選ぶ(PER,PBR)

商品を買うときにはできるだけ
安くお得なものを買おうとしますよね?

株にも割安割高があります。

会社の利益から株が高いか低いか判断する
指標で有名なのがPERPBRです。

PER(株価収益率)

PERとは「その株価が1株当たりの利益の何倍か?」を表します。

PERの基準値は「PER=15倍」です。

このPER低いほど割安と言えます。

この数値は業種によって変わったり、
成長している会社は高くなったりする傾向があります。

例えばIT関係の会社では100倍以上となることもあります。

その場合は同業種の他の会社と比べると良いでしょう。

PBR(株価純資産倍率)

PBRとは「株価に対して会社がどれくらい資産を持っているか?」を表します。

PBRの基準値は「PBR=1倍」です。

PBR1倍よりも大きい場合は割高と言えます。

一方で、1倍よりも小さい場合は割安となりますが、
1倍以下の状態が続く場合は、会社が危険的な可能性もあります。

③生活や趣味など身の周りの株

初心者はどんな会社か分からない株を買うよりも
身の周りに関係する株を買う方が良いでしょう。

車が好きな人は自動車関係
ファッションが好きな人はブランド関係
グルメが好きな人は飲食関係

など自分の身の回りに関する株を探せばたくさんあります。

メリットとして、
そういった株を買うことで親近感がわくという利点。

もう一つはショップやニュースなどの話題性から
株価の上昇を予想しやすいというメリットがあります。

私はスマホゲームが好きだったので、
最初はヒットしそうなゲームの会社の株を中心に
売買していました。

④出来高の多い銘柄を選ぶ

出来高(できだか)とは株を売買した数量のことを言います。

1日に何株も売買されている銘柄は、
値動きを予想しやすい特徴があります。

また「出来高は株価に先行する」という言葉があります。

これは出来高が上昇している銘柄は、
今後、株価も上昇する傾向にあるという意味です。

出来高はチャートなどで確認できますし、
①で紹介したサイトでは「出来高ランキング
みたいなものがあります。

ぜひともチェックしてみて下さい!

朝9時前の板の状態を確認

取引当日の8時から9時の間に板の状態を
確認することができます。

板を見て注文がスカスカだと値動きが鈍くなったり、
少しの注文で大きく株価が変動するリスクがあります。

板の買い注文売り注文バランスなども
チェックしておくと、その日の値動きを予想することができます。

⑤上下の動きの大きい銘柄

株価が上下に大きく動く銘柄があります。

デイトレーダーの場合、
上手に利用すれば1日に何度も収益を上げることができます。

一方で値動きの大きい銘柄は
損益を一気に膨らませるリスクもあります。

値動きのクセをつかむ

また株によって動きのクセがあります。

私はこのような動きのクセがある銘柄を選んでいます。

また朝イチはストンと下がるが、
しばらくすると株価が戻ってくる

安定している銘柄を選ぶ

株はギャンブルと違って、
資金がゼロ借金になることはありません。

しかし、会社が倒産してしまう
その株価はゼロなってしまいます。

そうならないためにも
業績が安定成長が見込める株を選ぶべきです。

・東証1部上場
・決算が黒字
・今後も成長が見込める

⑥株主優待で選ぶ

株主優待」は日本株の特徴で米国株にはないみたいです。

<優待銘柄のメリット2点>

①優待の前後で株価が動く

優待には「権利落ち日」というのがあり、
その日に株を保有していることで優待をもらうことができます

一般的に「権利落ち日」に向かって買う人が増え、
権利落ち日」以降は売り注文が入り、
株価が下がる傾向があります。

この動きを利用し、
権利落ち日」前に株を売る方法もあります。

②実際に優待をもらってお得

個人的には株主優待が届くのが楽しみで、
毎月の優待株をチェックするようにしています。

もしも買った株が下落し「含み損」になっても
株主優待があれば精神的なストレスも減ります。

配当金も同様のことが言えますので、
高配当株」を売買するのも有りだと思います。

まとめ

本記事では初心者向けに
銘柄選びのポイントを解説しました。

①雑誌やサイトのオススメ
②割安株(PER,PBR)
③生活に身近な株
④出来高が多い
⑤上下の動きが大きい

⑥株主優待

この⑥項目から自分に合った銘柄
選んで欲しいと思います。

選んだらお気に入りリスト
作成することをオススメします。

毎日そこをチェックすればいいのです

デイトレードでは売買のスピードが命です
ゆっくりと悩んでいる時間はありません。

また、中級者から上級者にはこちらの本がオススメです。
最近は世界最高の投資家と言われる
ウォーレン・バフェットの銘柄選択術」という本です。

様々な理論数式がありとても面白かったです。
その一方で内容が難しく私には難しい本でした…

 

私の毎日の投資の結果は
Twitter
Instagramに投稿しています。

週末、月末にはトータルの収益をこのブログにまとめていきますので、
そちらもご覧いただけたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。
明日も楽しく幸せな1日が待っていますように!

↓応援クリックしていただけると嬉しいです

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村